アレルギー症状にミネラルが効く?

アレルギー症状にミネラルが効く?

 

 

アレルギー体質の子供が増えてきています。親としては心配ですよね。アレルギーを治すために、食べ物を変えることは効果的なのでしょうか。積極的に取りたいものとしてミネラルが挙げられます。

 

ミネラルというのは5大栄養素の一つであり、他には糖質、脂質、たんぱく質などがあります。これらは生命を維持するうえで、とても重要な働きをしています。

 

厚生労働省で食事摂取量が定められているものに、カリウム、カルシウム、亜鉛、クロム、セレン、鉄、ナトリウム、マグネシウム、銅、マンガン、モリブデン、ヨウ素、リンが挙げられます。これらのミネラルが足りなくなると、貧血や甲状腺の異常が起こってしまいます。そしてアレルギーにも関係してくるようです。

 

ミネラルというのは、鉄で血液を作ったり、カルシウムで骨を作ったり、エネルギーの代謝をマグネシウムがサポートしたりと、それぞれ違った役割があります。

 

なのでいろいろなミネラルをバランス良く摂取しなければなりません。体がうまく機能しなくなると、体調不良が起こり免疫力が低下します。

 

免疫に関係するミネラルは亜鉛です。これは積極的に摂取したいものです。体が健康な時にはアレルギー症状は出にくくなりますが、体が弱ってくると症状が出てくるものです。

 

食事を見直して、免疫力を高めるものを食べるようにしましょう。「ミネラル豊富な食品は何か」それでは、どんなものを食べればミネラルをたくさん摂取できるのでしょうか。特に良いのは旬の食材です。

 

カルシウムが多いものは、豆腐、ししゃも、わかめ、緑黄色野菜などです。鉄分が多いものは、レバー、あさり、マグロ、ほうれん草です。銅が多いものは、うなぎや納豆です。

こちらも読まれてます♪

 

食品から摂るミネラルサプリランキング!