痛風にミネラルが効く?

痛風にミネラルが効く?

 

 

痛風に悩んでいる方はたくさんいます。辛い症状のせいで、日常生活に支障が出てしまったりしますね。

 

そんな痛風にミネラルが関係しているという話をご存知でしょうか。今回は痛風とミネラルとの関係についてご紹介していきます。

 

「ミネラル不足による痛風」
体内の尿酸を体の外に出すことによって痛風の症状を抑制することができます。尿酸というと尿を思い浮かべる人が多いかと思いますが、尿酸は体液にたくさん含まれているのです。

 

水分をたくさん摂取すれば、新陳代謝が良くなって排出しやすくなります。しかしそんなに水をガブガブ飲むのは苦痛です。そんな時、痛風の人はミネラルと積極的に摂取してみると良いかも知れません。

 

「ミネラルを摂取して、生活習慣病予防」
ビタミンCは尿酸の排出を促す働きがあります。そしてビタミンEによって尿酸が作られるのを抑制することが出来ます。

 

痛風の痛みというのは一時的な痛みが多いです。痛みで苦しむのですが、すぐに痛みがなくなってしまうので忘れてしまったりもします。

 

しかし尿酸が増えてくるとまた痛みが辛くのしかかってきます。だんだんとその期間が短くなり、尿路結石や動脈硬化などが起こる可能性があるのです。

 

タミンやミネラルが足りなくなると、深刻な生活習慣病を招くことにもなりかねません。これらの栄養素は体にとって、とても重要なものなのです。

 

「飲み物に関する注意」
痛風の人はプリン体をなるべく摂取しない方が良いです。そしてミネラルを積極的に摂取しましょう。1日に2リットルの尿を出せれば、改善されていくとされています。糖分を含んでいないブラックコーヒーやお茶を飲むと良いでしょう。

こちらも読まれてます♪

 

食品から摂るミネラルサプリランキング!